スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座談会議事録 

開幕直前にヒートデビルズ座談会の議事録が出ました。

まずは、開幕前の忙しい中議事録を作ってくれたヒートデビルズのスタッフの面々に大変感謝です。
来れた人も来れなかった人もいると思いますが見てみてください。

デビルズ存続のために経営陣はこの議事録に書いている事を実行していく形になるんでしょう。この前の開幕戦で気づいたのは天井からつるす形でなく壁かけを使っていたということと、フーディーズの横に椅子と机が設けられていたことですね。他にも僕が見なかったところ、あるいはお客さんから見えない部分でも変えていってるかもしれません。

中野社長就任が8月末で、そして今が10月なので就任から1ヶ月ちょっとです。この短期間の間に、多くのことを実行に移すのは難しいでしょう。それでもその中出来るところから手を付けて行ったんだと思いますし、こういう姿勢が大事だと思います。

今シーズンはヒートデビルズの試合もですがこういう会場運営なども気をつけて見て行きたいと思います。


***以下 10/21深夜に追記 
もう少し細かく回答に対して思ったことを書いていきましょうか。

Q今までの収入支出について

いろいろ書いていますが、要するに・・・・

去年までは矢野前社長の個人資産で球団は支えられていた。今は矢野さんが経営を降りて矢野さん個人資金が無い(底をついた?)から、球団は球団自身で運営資金をまかなうような経営をしないといけない。
 更にスポンサーについたビンスロールさんの資産管理会社はヒートデビルズの経営状態を見て資金を出し渋っている。(ビンスロールさんの意志とは裏腹に)
 その状況を地元企業やスポンサーさんに理解してもらうために経営難を公開した。 

・・・状況は理解できました。矢野前社長がお金持ちで資産をどんどこデビルズに突っ込むから赤字でも気にしなくって良かった(銀行に借りなくて済んだ)ってこと。正直に言うとその「お金がある3年間」で大分バスケットボールコミュニケーションは経営体制強化をするべきだったんでしょうけど、それをしてませんでした。今からやりますってことですね。

今までのことはどうしようもないので「今からやる」に期待します。

Q.今後の展望

新潟でやったことを参考にやってみると言うことですね。中野社長はもともと新潟アルビレックスの社長で新潟での功績が評価されてbjリーグで今頑張っているので、そのアイデアや手法は僕は信頼しています。実際にここに書いている盛り上がりをスポンサーにどう見せるかと言うことは重要だと思いますし、意識してないチームは多そうです。大阪エヴェッサでもそれほど気にしていたようには思えません。
 その手法を具体的には書いていませんが、中野社長が当日言っていた例では「席の作り方を工夫して盛り上がりやすくする。そして盛り上がっているところをスポンサーに見てもらう」と言う趣旨をおっしゃってました。さらに飲食しながら歓談できる場所もつくってみたいと。朱鷺メッセには行ったことがなく、写真で見る限りですが確かに朱鷺メッセにはそういう場所がありました。そこでファンが焼きそば食ったりポップコーンほお張ったりしながら試合について、選手について話してるのをスポンサーが目の当たりにすればスポンサーへの訴求力は高いかもしれません。
 開幕戦でフーディーズの横っちょに椅子と長机おいてましたね。使ってる人はちょっと少ないようでもうちょっと人をひきつける工夫、分かりやすくする工夫が必要だと思いますが、それはこれからの課題ですね。 

Q.6千万赤字減らせばもちこたえられる?
今期の予算は1億7千万だから1億7千万売り上げが伸びれば黒字は分かる。そして具体的には昨年より6千万伸ばす必要があると言うことは去年の売り上げは1億1千万なのかな? 作戦としてはブースタークラブ会員の獲得と新規スポンサー獲得だけど目処が立てられて無い分が3800万円ある。

3800万円ですね、問題は。
目処の立っている1億3200万円の中に入場料収入がどれだけあるのかわからないのですが、ブースターに出来るところはここくらいですか。あとグッズを買って売上伸張させるとか?....とりあえず、ご飯と飲み物は中で買うことにしようかな。あと、友達も誘ってみようかな。
<本当に微々たるところですが・・・

Q.協賛金について

スポンサー協賛金は考えているけど、営業力ではなく地域のつながりを重視した作戦を立てているのかな。別府の1箇所集中開催では貰うのが難しいから、各地域(佐伯とか豊後大野とか)でやるんですね。 僕としては大分市でやるともう少しいいんじゃないかしらと思います。大分市の中心部で。

大分市では今「大分市中心市街地活性化基本計画」が進行中でこの中に大分中心部で事業を営むときの支援とか補助金とかあった様な気がします(ニュースで聞いたような気がするけど、きちんとしらべたら分かるはず)  こういうのって大分市の中心部でバスケットボールが定期的にやられますよっていうようなのじゃ駄目なのかしら?
参照URL
http://www.city.oita.oita.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_oid=icityv2::Contents::29673&WIT_template=AC020000

Q,ブースタークラブ価格について

3人で1口入会でブースターマガジン(地獄通信)は3部もらえる・・・
これはこれで需要がありそうな方法ですね。ただしそういう方法でも良いと言うのはブースタークラブの入会説明を見ても当然書いてないわけだし、、今の大分バスケットボールコミュニケーションの現場でそれを対応してくれるかどうかは分からないんですよね。 柔軟に対応しますということだから、なんでもいいから聞いてみてと言うことなのかな? ・・・ちょっと実際にどう対応が可能なのか分かり難いですね。

Q.演出費用について


「機材は業者に無償であずかってもらっている」と言うことはDeeDee君をひとつ減らしたからと言ってコスト削減にはならないんですね。座談会で聞いたところではかかっているコストの吟味そのものは既に行っているという話で、実際にスクリーンが変更されたりしてたのでそれそうおうの削減策はとっているみたいですね。
 ただし、最後にも書いているようにお客さんにヒートデビルズの試合の魅力を感じてもらおうと思うと演出は大事ですが、その中でどれを無くしてどれを生かすかは議論の余地がありそうですし、ファンの声を球団が聞くところ(ファンが言うところ)のような気がします。それを聞いて球団がどう判断するかと言うのは別の問題としてありますが。最後の方にも書いてた様に全部聞くことは土台無理だしね。

売店数を増やして欲しい
今後の展望にもあった、売店の横で賑わうファンをスポンサーに見てもらうと言う返事がここでも書いています。「ビーコンで検討中」と言うことなので増やして賑やかにしたい方向で考えているってことですね。これはどうなるか僕は楽しみに待ってます。

意見会議これからもしたい
今後も球団側はしたいようですが、まだ何も決まってないですね。うーーん
僕もどうするか考え中

・・・・途中ですが・・・長いので今日はこれで終了

追記
残りはやっぱ長いし、Wikiで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。